エーゲ海の獣神カールちゃんのおもしろ動画倉庫

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.放射性ヨウ素
2.VANQUISH
3.山田正紀
4.半熟卵
5.大石浩二
6.ELIKA
7.Waltari
8.銀牙
9.金ヶ江悦子
10.PAGE BOY

コカイン・ナイト (新潮文庫)
物語の語り手は、ジブラルタルのリゾート地で起きたある犯罪の真相を明かすべく、その地に乗り込む。しかし、真相にはなかなかたどり着けず、替わりにこんな着想を得る。

<彼は[容疑者のこと]、余暇社会−ということはたぶんすべての社会ということになろうが、そんな社会に関する最初にして最後の真理を発見した。犯罪と想像力は不可分の存在なんだ。過去の歴史を見ても、この両者は常に相伴って機能してきた。犯罪意識が強くなればなるほど、市民の意識も鋭利になり、文化はより豊かなものになる。>

舞台は、ジブラルタルの風光明媚な新しいリゾート地で、そこでは、その成立上当然のことだが、普通の地域で機能しているような、経済的関係・血縁関係・地縁関係とかが機能しておらず、全く別の仕組みで社会が動いている。理想のリゾート地を動かす原動力は犯罪であり、犯罪を介して生起される「市民文化」が社会をつなぎとめる。

著名なトラベルライターで、世界中の土地を巡ってきた語り手はこの社会の仕組みに気づき、そしてそれを受け入れ、住むことにする。世界中の素敵な土地を見てきたであろう語り手が最後に受け入れるのがこの、コカインと犯罪に満ちた、それでなおかつ人を魅了してやまない土地であるということが示唆的なのではなかろうか。

ドリーブ:コッペリア 全曲
 「シルヴィア」と並んで有名なドリーブのバレエ音楽「コッペリア」全曲を録音したCDです。
 「シルヴィア」とこの「コッペリア」によって「フランス・バレエ音楽の父」と呼ばれることになるドリーブの音楽の持つ繊細さがこのCDでは如何なく発揮されています。
 お話は、機械人形コッペリアを巡っての騒動を中心に、人形師コッぺリウスと、スワニルダとその恋人フランツの間での色々なやり取りが中心となった喜劇となっています。
 それだけに音楽自体も典雅で明るいものとなっており、特に一幕の「ワルツ」や「マズルカ」など、聞いたことのあるメンバーが揃っていて、一度聴いてみて、「どこかで聴いた事があるな。」と感じえてもらえる曲目となっています。
 このバレエ音楽を指揮するマリ氏とパリ国立歌劇場管弦楽団は、この曲の洗練された美しさを遺憾なく引き出している、と言う点で、まさにお勧めのCDであるといえましょう。

End of Eternity SEGA THE BEST
数少ないPS 3のRPG 。全体的にシリアスなストーリーだが、それを個性的な主人公達が明るくしている。戦闘は割とシビアで取っつきにくいかもしれない。マシンガンで攻撃しバンドガンで攻撃する鉄則を守れば、大体の敵は倒せる仕様になってます。欠点はダンジョンの移動が面倒。しかしがら、銃の改造、闘技、着せ替え、隠しダンジョン等やりこみは豊富。着せ替えもイベントムービーに反映したり、銃声も細かく、隅々にスタッフの気持ちが込められています。セールス的も、発売された当初は好調でした。最近いいゲームが無いなー。と思ってる方は検討しても良いかと。

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!