江戸のソムリエゆんくんのキラキラ動画一覧

i-mobile

Details

隣人トラブル
大変ですわー.
佐藤ともかずを励ます会〜よし、いぐど〜
2014年2月19日【シャトー赤坂】佐藤ともかず意見交換会より.
Winger - "Can't Get Enough" (Official Music Video)
Watch the official music video for Winger - "Can't Get Enough" Get Winger music: iTunes: http://bit.ly/ITMvhe Website: ...
ここを友達に教える
i-mobile

Radio [VHS] [Import]

disabledの黒人青年とハイスクールのフットボールコーチの交流を描く、実話に基づいたお話。
エンドクレジット前の映像が感動に拍車をかけ、すばらしい余韻だった。

実話に忠実なためか、いわゆる保身論者や、わが子かわいさの親ばかおやじなど、「いるいる」というタイプの人が登場して、ハリウッド的な「すっきり勧善懲悪」という結末には至らない。
現実的な落とし所に落ちるという感じ。
フィクションならこういう結末にはしないだろうなという終わり方は、カタルシス不足気味だ。ただ、これが現実。
一方でコーチの職を辞してまでも、少年の日の悔恨に対して贖罪をしようとする崇高な精神を持つ人物と、それを支える家族が実在したということが、何よりも救いになる。

エド・ハリス
この役を演じて彼以上にハマる役者さんは思いつかない。
ノンフィクション作品だけに演技はとても抑えられている。
「ラジオ」への支援は、傍から見える部分では大きな自己犠牲を伴うだけに、家族を含めて「なぜ?」と感じるのは当たりまえ。
少年の日の悔恨を埋めるための行為であるとすれば、納得できないでもないが、根底にあった想いに加えて、目の前で生きている「ラジオ」への愛情が抜き差しならないものになったからこその自己犠牲であり、動機は自分のために始まっていることが伝わる。
本当に抑制された自然な演技だ。上手い。

キューバ・グッディング・Jr
disabledを演じるのは、とても難しい側面と、過剰に演技すればある程度は演じられてしまうという側面があるのでないかと思うのだが、この作品での彼の演技はすごく自然だ。
見る前にキャストを確認しなかったので、「ホンモノ」かと思ってしまった。(「愛は静けさの中に」のマーリー・マトリンのように)
エンドクレジットを見てびっくりした。
「ザ・エージェント」での演技と対比すると、彼の役者としての才能を思い知る。

デブラ・ウィンガー
本当に寡作な役者さんになってしまったが、もっと作品に出演してほしい役者さん。
順調に作品を重ねていれば、間違いなくトップクラスを維持していたのであろうが。
と思うのは見る側の論理であって、出る側の論理ではハリウッド女優としてトップクラスでいることの価値なんて、「小さい」と思う人もいるってことか。
そこら辺りは「デブラ・ウィンガーを探して」に詳しい。

みんな演技が上手い。
抑制された演技の中で真実が浮き上がってくる印象の強い、名作だと思う。

In the Heart of the Young

前作よりリフが強調された印象があります。しかし3.Miles Awayのようなロックバラードを作らせたら上手い!!この曲の強力なメロディは前作を超えたと思います。まぁ狙いすぎという感もありますが・・・
5.Rainbow In The RoseはRebの扇情的なギターフレーズが中心の、前作にはなかった感じの曲。こういう曲でもサビはキャッチーなんで印象に残ります。10.You Are The Saint,I Am The Sinnerは前作の雰囲気を持つノリのいい1曲。
全体を通して彼ららしい曲が収録されてますが、インパクトが強い曲は前作の方が多い気もします。
1作目が素晴らしかったバンドは2作目でずっこけることが多々ありますが、今作はそんなことはないと感じます。

The Encyclopedia of the Dog

これほど充実した内容で、この値段は安い!間違いなく買いです!!
の歴史にはじまり、古代文明、文学、宗教との関わりまでをも網羅しているのには脱帽。
図鑑も分かりやすい。各種の気質の特徴をアイコンで表し、その種を飼育するにはどのような環境が必要かを示している。これはを飼う際に参考になるでしょう。
素晴らしいです!!
☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
トップページに戻る